腸内フローラの改善方法

お腹

腸内フローラの特徴

人間の腸の中にはさまざまな細菌や微生物が生息している。腸の中の微生物は群れをなして生息しており、微生物の群れのことを腸内フローラという。腸内フローラのバランスが崩れると免疫力が低下して、がんなどの病気を患うリスクが高まる。腸内の細菌には善玉菌と悪玉菌があり、善玉菌と悪玉菌が一定のバランスを保つことが最も大事なことである。腸内環境を整えるためには、乳酸菌やビフィズス菌を含有しているヨーグルトやサプリメントの摂取が必要になる。乳酸菌を含有しているサプリメントを摂取すると、乳酸菌は生きた状態を保ったまま腸まで届く。腸に届いた乳酸菌は腸内環境を整え、善玉菌と悪玉菌のバランスが良好になる。腸内環境が整うことによって免疫力が高まり、がんなどの病気を予防することにつながる。

乳酸菌サプリの注意点

腸内フローラを改善して、腸内環境を整えるためには、生きたまま乳酸菌が腸まで届くことが必要になる。乳酸菌が腸に達するまでに殺菌されてしまうと、腸内環境を整えることはできないので注意する。腸内フローラを改善する乳酸菌サプリを選ぶ際には、生きたまま腸まで届く乳酸菌が配合されている商品を選ぶことが大切になる。乳酸菌の中には、胃酸などの消化液で殺菌されてしまうものがあるので、胃酸などの影響を受けない乳酸菌サプリを選ぶようにする。乳酸菌サプリは毎日欠かさず摂取することが大切である。毎日摂取しないと腸内の乳酸菌はどんどん減っていくので注意する。乳酸菌サプリを毎日摂取することによって、腸内環境は良好な状態を維持できる。