更年期の自律神経失調

疲れ

症状の内容

更年期障害は、主に女性の閉経前後10年間の間に起こるとされています。その時期には卵巣機能が少しずつ低下していきますが、それがホルモンバランスを乱すことで、自律神経のバランスまで乱してしまうのです。それが更年期障害の症状としての「自律神経失調症」です。更年期障害における自律神経失調症には1つの特徴があります。それがホットフラッシュと呼ばれる症状です。ホットフラッシュは、主に発汗・ほてりといった症状のことを言いますが、それが安静時にも起こるのが特徴です。自律神経のバランスが乱れると、交感神経が優位の状態が続きます。常にカラダが緊張状態になるため、ホットフラッシュのような症状に見舞われるのです。

ホルモン補充と生活改善

そのような症状を改善するためには、更年期障害の治療と、自律神経失調症の治療を、同時に行う必要があります。更年期障害の治療は、エストロゲンの補充療法、そして「ローヤルゼリー」「大豆イソフラボン」といったエストロゲンと似たような働きをする栄養素を摂取するといったことが効果的です。また自律神経失調症の治療のためには、生活習慣の改善に加え、プラセンタを摂取すると良いと言われています。プラセンタには、美容効果があるだけでなく、自律神経のバランスを整える働きがあるためです。また生活習慣の改善としては、ストレスを緩和して笑顔で生活するように心がけましょう。またリズム良く生活をすることで、副交感神経を活性化させることも大切です。